現在の位置

更新日:2017年10月12日

サイエンス講座「食品添加物が使用されるわけ」

生活や身のまわりでみられる科学とその仕組みについて学ぶシリーズ講座。
各分野の研究者・専門家により語られる研究成果をじかに学びませんか?

サイエンス講座「食品添加物が使用されるわけ」の詳細
分野

イベント

生涯学習・図書館,福祉・健康

内容

様々なメディアで危険性が取り上げられる食品添加物。

その名前を食品品質表示に見つけると不安に感じる方もいるのではないでしょうか。

そんな嫌われものの食品添加物はなぜ使用されるのか。食品添加物のいろいろな役割について演示実験を交えながらお話しします。

とき 2017年11月25日

(土曜日)午後1時30分から3時まで


開場:午後1時15分
場所 文化センター
対象
中学生以上の一般
定員
先着順 50名
費用
無料
持物
筆記用具
申込

申込必要

2017年10月10日~2017年11月25日

午前8時30分から電話、ファックス、メールまたは直接問い合わせ先へ
ファックス、メールで申し込む場合は、氏名、電話番号、お住まいの地区を記入とのこと

講師

岐阜女子大学 健康栄養学科 臼井宗一(うすい そういち)教授

お問い合わせ先
生涯学習課 生涯学習係(東浦町文化センター)
〒470-2103 愛知県知多郡東浦町大字石浜字岐路10番地
電話番号:0562-83-9567
ファックス:0562-84-2202

メールを送信