更新日:2018年09月21日

絶滅危惧種「オニバス」の保護活動について

未来へ残そう!飛山池のオニバス

日本産オニバスは、「レッドデータブックあいち2015」で絶滅危惧1.A類(ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種)、国のレッドデータブックでも絶滅危惧2.類(絶滅の危険が増大している種)とランク付けされるなど、愛知県だけでなく全国的に自生地が激減し絶滅が危惧されています。

愛知県では、以前は各地で野生種と栽培種の生存が確認されていましたが、近年では減少しています。東浦町では於大公園による保全活動の成果もあり、2014年に飛山池でオニバスの生育を確認しました。

2012年にはオニバスの生息記録が残る名古屋城の外堀で生育が確認されるなど、愛知県内では少しずつではありますが回復に向かっています。今後も東浦町は、於大公園内での生息域外保全や小学校等との連携により、オニバスの保全活動を進めていきます。

オニバス池は於大公園沿道北方面に位置し、370平方メートル、外周75.6メートルの池です。

2017年の見頃は、葉・・・8月10日頃~9月1日頃、 花・・・9月1日頃~9月10日頃でした。

 

(写真)オニバス1
(写真)オニバス2
(写真)オニバス3

花の見頃情報もご覧ください。

2018年オニバス栽培状況(9月21日)

花見頃終わり

全て9月20日撮影

花の見頃が終わりました。

今年は、沢山の花を咲かせて見る目を楽しませてくれました。

葉の刈り取り

葉の成長が止まり今は、池の水を抜く準備の為傷んだ葉を刈り取り片付け準備を行っています。

葉の刈り取り後

傷んだ葉を刈り取った後です。

今は、新葉のみで葉数が少なく葉が小さいです。池の水抜きは、10月上旬に抜く予定です。

2018年オニバス栽培状況(9月15日)

全て9月15日撮影

花の見頃が終わりました。

今は、果実が熟すのを待ち種子を収穫する時期を待っています。

オニバス花見頃終わり
葉の見終わり

葉の見頃が終わり新葉を残して傷んだ葉を

刈り取り片づけ準備を行っています。

オニバス果実断面

水中に沈んだ果実(閉鎖花)を切って見ました。

一つの果実から約50粒程の種子を収穫

する事が出来ました。

 

 

果実果皮破れ

熟した果実の果皮が破れて水面に浮遊した

種子です。数日するとやがて水中に沈み

条件が良ければ、来年自然体で発芽します。

2018年オニバス栽培状況(9月11日)

9月11日撮影

オニバスの花、今が満開です。是非オニバス池に足を運んで頂き、神秘的な花を、見て頂ければ幸いです。

 

オニバスの花、満開
オニバス葉、見頃終わり刈り取り

9月11日撮影

オニバスの葉、見頃が終わり痛んだ葉から

順次刈り取っています。

イベント様子

9月2日

イベント、「絶滅危惧種オニバスを触って見よう」を、開催しました。

当日参加者、26名で直接オニバスの葉に、触れて頂き記念写真を撮って頂きました。

葉の裏側の色が凄い、棘が鋭い、など色んな感想を頂きました。

イベント、様子

9月2日

イベント当日、家族連れ、お孫さん連れで

賑いました。

2018年オニバス栽培状況(8月29日)

オニバスの花、開花

全て、8月28日撮影

オニバスの花、見頃を迎えています。

花の見頃期間は、短く約2週間程です。

開花が、終わると水中に沈み果実が大きくなり種子が育ちます。

一度オニバス池に足を運んで見て下さい。

オニバス葉見頃

葉、花、共に見頃を迎えています。

共に見頃を迎えている葉、花、を見て楽しんで下さい。

2018年オニバス栽培状況(8月22日)

8月21日撮影

葉数が増えて元気に育っています。

オニバス成長葉
オニバス開花

8月18日撮影

開花しているオニバスの花です。

開花が見られるのは、午前中の青天の日がお勧めです。天候不順、早朝等は、開花しません。

オニバス葉、大きさ

8月18日撮影

一番大きな葉で、151センチ程に成長しており葉の見頃です。

 

 

オニバス葉、表面トゲ

8月21日撮影

重なりあった葉を刈り取り、間引きをしました。

葉の、表面に鋭い棘を持っています。

 

オニバス葉、裏側

8月21日撮影

刈り取った葉です、葉の裏側は、赤紫色で

葉脈がしっかりしています。分岐点には、鋭い

棘を持っています。

 

2018年オニバス栽培状況(8月11日)

全て、8月10日撮影

オニバス順調に育っています。

葉は、見ごろを迎えています。

オニバス池に足を運んで見て下さい。

オニバス葉、見ごろ
オニバス蕾

蕾が増えて、開花し始めました。

(閉鎖花は、開花せずに水中に沈みます。)

花の見ごろは、もう少し先になります。

オニバス葉、大きさ

現在一番大きな葉で、141センチ程に

成長しています。

昨年よりも大きく成長しています。

今も成長段階で、成長過程が楽しみです。

2018年オニバス栽培状況(8月5日)

全て、8月3日撮影

オニバス元気に育っています。

今年の猛暑で日焼けして痛んだ葉を刈り取りましたが又次のスイレン葉を

出して水面に大きく展開しています。

オニバススイレン葉
オニバス葉寸法

一番大きな葉で、128センチ程に成長しています。昨年は、130センチ程で成長が止まりましたが今年は、今も成長段階で、昨年よりも

大きく育つかもしれません。

開花果実断面

花は、3日程開花すると水中に沈みます開花して沈んだ花の果実は、小さく果実を切って見るとまだまだ若く種子が見られませんでした。

2018年オニバス栽培状況(7月21日)

オニバス成長過程

全て、7月20日撮影

オニバス元気に育っています。

7月末までに開花した花は、葉を促進させる為に

順次刈り取っています。

 

オニバス葉大きさ

一番大きな葉で、91センチ程に成長

しています。

これからの成長が楽しみです。

熱帯スイレン開花

オニバス池の熱帯スイレン各色開花

しています。

来園の際は、オニバス池に足を運んで

見て下さい。

2018年オニバス栽培状況(7月12日)

全て7月11日撮影

6月19日に植え付けたオニバスの苗、現在65センチ程に成長しています。

オニバス成長過程
オニバス葉展開前

水面に展開する前のスイレン葉です。

丸まった状態から鋭いトゲを持って

水面に展開します。花は、葉促進の為に

今は、順次刈り取っています。

2018年オニバス栽培状況(7月5日)

全て7月3日撮影

一番大きな葉で、40センチ程に成長しています。

オニバス成長過程

オニバスの花が開花しました。

今は、葉の成長を促進させる為に、蕾や花を刈り取っています。

オニバスの花、開花

2018年オニバス栽培状況(6月13日)

オニバス栽培状況

全て6月13日撮影

水面に展開するスイレン葉約15センチ程に

成長しています。

オニバス栽培状況

葉の裏の紫色が鮮明になり

葉の裏のトゲが大きくなってきました。

オニバス栽培状況

オニバス苗順調に育っています。

2018年オニバス栽培状況(6月8日)

オニバス池熱帯スイレン植え付け

6月6日

オニバスと比較するために、熱帯スイレンを植え付けました。

(大鉢5苗と池の縁に身近に見えるように1苗植え付けました。)

6月8日撮影

水温が上昇しスイレン花が開花すると、トンボやカエル達の

小動物達が集い心を癒してくれます。

2018年オニバス栽培状況(5月29日)

オニバス苗植え替え

写真は、全て5月26日撮影

5月26日鉢の植え替え作業を行いました。

最初に植え付けた小さな鉢の底から根が見えて来ました。大きい鉢に植え替えのタイミングです。

オニバス苗植え替え

小さい鉢から苗を取り出した状態です。

鉢底に根が巻いています。

オニバス苗植え替え

大きい鉢に植え替えが終わり鉢全体に根が

張るのを待ちます。

水面に展開するスイレン葉が3枚~4枚水面に広がっています。

2018年オニバス栽培状況(5月2日)

4月28日撮影

鉾型の葉が展開しました。

鉢上げのタイミングです。

オニバス種子葉展開
オニバス種子鉢上げ

5月2日

展開した種子を素焼き鉢に鉢上げしました。

これからの成長過程を見守っていきます。

2018年オニバス栽培状況(4月20日)

4月19日撮影

1番に出る芽、針状の葉が伸びてきました。

発芽しした種子が展開し、大きくなって来たら鉢に植え替えます。

オニバス種子発芽

2018年オニバス栽培状況(4月7日)

オニバス種子の発芽準備を行いました。

種子は、1cm程度の大きさで最初は、ペットボトルの

中で発芽させます。

種子が発芽、展開し大きくなって来たら鉢に植え替えします。

オニバス種子発芽準備

2018年オニバス栽培準備状況(3月15日)

3月14日、オニバス池にある鉢の用土に肥料を入れ

栄養分を馴染ませる作業を行いました。

栄養分が馴染んだら鉢に用土を戻す作業を行う予定です。

 

オニバス栽培準備状況

2017年冬のオニバス栽培準備状況

12月12日撮影

オニバス池にある鉢の土を出し天日干し、しました。

又1月に天日干し、した土に肥料を混ぜ栄養分を馴染ませる

作業を行う予定です。

オニバス鉢天日干し
オニバス鉢天日干し

2017年のオニバス栽培状況(10月4日)

10月2日

オニバス池の水抜きを行いました。

 

オニバス池水抜き

10月3日撮影

池の水抜き後種子を収穫しました。

オニバス種子写真

10月3日撮影

収穫した種子、種、を飛山池に放流する予定です。

オニバス、種子、種、写真

2017年のオニバス栽培状況(9月22日)

9月21日撮影

成長が止まり枯れたオニバスの葉を枯れた物から

順次刈り取ってオニバス池の片付けを行っています。

10月第1週に水抜きをする予定です。

オニバス写真

9月21日撮影

オニバスの実が全体に大きくなっています。

熟した物から順次収穫して、種を取り出しています。

収穫した種を飛山池に放流する予定です。

オニバス写真

9月22日撮影

葉、全体が小さく葉数が少ないです。

オニバス写真

2017年のオニバス栽培状況(9月13日)

9月12日撮影

新葉、を残して育てています全体に葉は、小さいです。

オニバス写真

9月12日撮影

熱帯スイレン花、葉、共に最盛期見頃が

終わり花、葉、の成長が止まりました。

熱帯スイレン写真

9月12日撮影

水中に沈んでいる種の実が大きくなり熟した実から

順次収穫しています。

オニバス写真

9月8日オニバスについて学ぶ自然体験学習を行い

片葩小学校の4年生87名が花、葉、種を観察

スケッチをして頂きました。

生徒から専門的な質問やトゲが凄い葉の裏が

赤紫色でかっこいいとか色んな質問や、感想を頂きました。

片葩小学校自然体験学習写真

2017年のオニバス栽培状況(9月7日)

9月5日撮影

オニバスの花、今が最盛期を迎えています。

咲き終わると水中に沈みます。

オニバス写真

9月5日撮影

オニバスの葉、成長が止まりました。

今は、新葉を残して古くなった葉を刈り取っています。

オニバス写真

9月6日撮影

種の実、熟した物から収穫しています。

1個の実から50粒ほど収穫できました。

オニバス写真

9月2日イベント

「絶滅危惧種オニバスを触ってみよう!」を

開催しました。

親子連れやカメラマンなど、21名でにぎわいました。

 

イベント写真

2017年のオニバス栽培状況(8月26日)

8月26日撮影

葉は、ほとんどが見ごろを迎えています。

オニバス写真

8月25日撮影

オニバスの花は、昨年と比べて

花数は、少ないですが見頃を

迎えています。

オニバス写真

8月25日撮影

花が咲き終わって水中に

沈んでいる種の実ですはじける

前に種を収穫します。

オニバス写真

2017年のオニバス栽培状況(8月18日)

8月17日撮影

オニバスの葉、元気に育っています葉は、見頃を迎えています。

オニバス写真

8月17日撮影

オニバスの花や蕾が増えてきました。

オニバス写真

8月17日撮影

一番大きな葉で、130センチ位に育ちました。

オニバス写真

2017年のオニバス栽培状況(8月2日)

8月1日撮影

一番大きな葉で121センチ位に育ちました。

オニバス写真

7月29日撮影

水面に展開する新葉です。

可愛らしいハート型しています。

オニバス写真

8月1日撮影

オニバス、熱帯スイレン共に元気に育っています。

オニバス写真

2017年のオニバス栽培状況(7月22日)

7月19日撮影

一番大きな葉で95センチ位に育ちました。

オニバス写真

7月19日撮影

傷んで古くなった葉を刈り取っています。

葉の裏は、濃い赤紫色。葉脈がはっきりしています。

オニバス写真

7月19日撮影

オニバス池鉢で、開花しているオニバスの花です。

咲き終わると水中に沈みます。

オニバス写真

7月21日撮影

葉の成長を促進させるために、蕾や花を刈り取りました。

咲き終わった花を切ってみました。

種は、まだ若く成長段階です。

オニバス写真

2017年のオニバス栽培状況(7月13日)

7月13日撮影

一番大きな葉で72センチくらいになりました。

オニバス写真

7月13日撮影

新芽が水面に展開する葉です丸まった状態から水面に展開します。

オニバス写真

7月13日撮影

熱帯スイレン新芽が満開です。

熱帯スイレン写真

7月13日撮影

オニバスの葉、大きくなり元気に育っています。

 

オニバス写真

2017年のオニバス栽培状況(7月1日)

葉は、丸まった状態から水面に展開します。

たくさんの鋭いトゲがあります。

花の蕾が顔出しました。

オニバス写真

 

最も大きな葉で約45センチです。

 

オニバス写真

すべて7月1日撮影

6月13日に植え付けたオニバスは、元気に育っています。

オニバス写真

2017年のオニバス栽培状況(6月22日)

6月13日に植え付けたオニバスは、元気に育っています。

6月20日撮影

一番大きな葉で、22センチくらいです。

6月20日撮影

熱帯スイレンが咲き始めました。

6月19日撮影

6月14日撮影

2017年のオニバス栽培状況(6月14日)

6月13日、オニバス池の鉢にオニバスの苗を植え付けました。

立派に育つことを願って、成長過程を見守っていきます。

6月14日撮影

6株、植え付けました。

 

 

2017年度ノオニバス栽培状況(6月8日)

水面に広がる「スイレン葉」が5枚~6枚になりました。

最も大きな葉で、15センチメートルくらいです。

葉の裏にトゲが生えてきました。

6月3日撮影

オニバスの写真
オニバスの写真
オニバスの写真

6月7日撮影

オニバスと比較するために熱帯スイレンを植え付けました。

オニバスの写真

平成29年度オニバスの栽培状況~植え替え2~

5月18日撮影。

小さい鉢から根が見えてきたので、大きな鉢に植え替えました。

水面に広がる「スイレン葉」が2枚出てきています。

平成29年度オニバスの栽培状況~植え替え~

5月6日撮影。

発芽した種子の葉が展開しました。

最初は小さい鉢で育成し、鉢底から根が見えてきたら大きい鉢に植え替えます。

平成29年度オニバスの栽培状況~発芽~

 オニバスは毎年種子から育成しています。

種は4月中旬に発芽しはじめました。

発芽した種子の種が展開し、大きくなってきたら鉢に植え替えます。

4月10日撮影。

種子は1センチメートル程の大きさです。

4月18日撮影。

最初は、ペットボトルの中で発芽させています。

4月25日撮影。

芽が伸びてきました。

お問い合わせ

都市整備課 公園緑地係
〒470-2192 愛知県知多郡東浦町大字緒川字政所20番地
電話番号:0562-83-3111
ファックス:0562-84-6422

都市整備課 公園緑地係へメールを送信