現在の位置

更新日:2017年8月25日

セアカゴケグモについて

 平成29年7月に入り、東浦町内でセアカゴケグモの発見報告が増加しています。

 野外で作業等を行う場合はご注意ください。

 

・7月6日 緒川字笠松地内 メス 10頭、卵あり

・7月28日 石浜字三本松地内 メス 100頭以上

・8月8日 石浜字蓮台 メス 1頭

・8月10日 生路字森腰 メス 3頭

・8月16日 石浜字中央 メス 1頭

・8月22日 石浜字吹付 メス 1頭、オス 1頭、卵あり

 

藤江地区で発見したという報告はありませんが、生息している可能性があるため、園芸や清掃等の作業を行う場合はご注意ください。(森岡地区は、平成27年度に発見報告がありました。)

 

セアカゴケグモは、花壇ブロックの内部、プランターの下、側溝や墓石のすきま、サンダルの内側などに巣を作るため、これらの場所で作業する場合は、軍手などの手袋を付けて作業するようにしてください。また、成体個体及び巣を見つけた場合は、殺虫剤や靴で踏みつけるなどにより駆除し、その後半田保健所(0569-21-3341)又は役場環境課までご報告ください。

注意:セアカゴケグモの卵は、殺虫剤では死なないため、靴で踏みつけて駆除してください。

習性

基本的におとなしく攻撃的ではありませんが、さわったり、捕まえたりすると噛まれることがあります。噛まれると、針で刺されたような痛みを感じ、その後、噛まれた箇所が腫れたり、熱く感じたりします。時に脱力感、筋肉痛、頭痛などの全身症状が現れることがあるので、このような症状が出たら、速やかに病院で治療を受けてください。

(写真)セアカゴケグモ

セアカゴケグモ(メス) 【1目盛=1ミリメートル】

(写真:愛知県衛生研究所より)

【特徴】

  • 体長(脚を含めない)約1センチ
  • 脚が長く、腹部が球状で大きい
  • 全体は、黒色で腹部の背面に赤色の模様がある
  • オスは、メスより小さく、全体が茶色で無毒

詳しくは下記リンクをご覧ください。

愛知県健康福祉部健康対策課のホームページ

生息場所

  • 側溝の内部やその網蓋のすき間
  • フェンスの基部
  • 花壇のブロックの内部
  • 墓石のすき間
  • 自動販売機やエアコン室外機などの機器と壁とのすき間

かまれないための注意

  • セアカゴケグモをみつけても、素手でさわったり、捕まえたりしないようにする。
  • 野外での作業には軍手などの手袋を使用する。
  • クモが好きなところは、こまめに清掃したりして、クモが住みにくい環境を作る。

見つけたとき

  • 手でさわるとかまれる危険があるため、靴で踏みつぶして駆除してください。
  • その後、半田保健所(0569-21-3341)または、役場環境課までご報告ください。

関連リンク

外来生物法(愛知県ホームページ)

お問い合わせ先
環境課 環境保全係
〒470-2192 愛知県知多郡東浦町大字緒川字政所20番地
電話番号:0562-83-3111
ファックス:0562-83-9756

メールを送信