現在の位置

更新日:2017年2月23日

オオキンケイギクについて

 5月から7月にかけて、道端などで黄色い花を咲かせるオオキンケイギクは、栽培、運搬、野外に放つことが禁止された「特定外来生物」です。

 オオキンケイギクは、繁殖力がとても強く、もともと地域に生息していた植物を駆逐し、景観や生態系に影響を与えるため、特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(外来生物法)で、環境省より平成18年2月に特定外来生物に指定されました。

 庭先や畑にオオキンケイギクが生えている場合は、ご自身で駆除を行ってください。

 また、河川の法面や道端など、公共の場所で見かけた場合は、役場環境課へ連絡してください。

オオキンケイギクの特徴

  • 5月から7月にかけて、5センチから7センチほどの黄色い花を咲かせます。
  • 高さは、50センチから70センチ程度です。
  • 葉は、茎の下のほうにつき、丸い形で両面に白い毛のようなものがあります。

オオキンケイギクの花の写真

オオキンケイギクの花の写真(九州地方環境事務所より提供)

オオキンケイギクの葉の写真

オオキンケイギクの葉の写真(九州地方環境事務所より提供)

白い毛のようなものがあります。

オオキンケイギクの説明(環境省ホームページへリンク)

オオキンケイギクの駆除方法

1 種をつける前(梅雨ころ)に根から引き抜き、2、3日放置するなどしてよく乾燥(枯死)させてください。

 注意:運搬が禁止されているため、乾燥(枯死)していない状態で移動させてはいけません。

2 乾燥したオオキンケイギクは、種をまき散らさないよう慎重に町指定ごみ袋に入れ、しっかりと口を締めてから、燃えるごみとして地区のステーションへ出してください。

 注意:オオキンケイギクを入れたごみ袋が、あまりにも多くなる場合は役場環境課までご相談ください。

 

 オオキンケイギクは多年生植物のため、根から引き抜いてもまた生えてくることがあります。根気よく駆除を行ってください。

オオキンケイギクは駆除してください。(PDF:800KB)

関連リンク

特定外来生物の見分け方(同定マニュアル植物)(環境省ホームページへリンク)

お問い合わせ先
環境課 環境保全係
〒470-2192 愛知県知多郡東浦町大字緒川字政所20番地
電話番号:0562-83-3111
ファックス:0562-83-9756

メールを送信

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お知らせ

ライフイベントで探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 入園・入学
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引っ越し
  • 高齢・介護
  • 死亡
  • 手続きナビゲーション 暮らしに必要な手続きをチェックを入れるだけで簡単検索
  • 東浦町運行バス う・ら・ら