更新日:2019年03月15日

家庭系可燃ごみ処理有料化

平成31年4月1日から、家庭系可燃ごみ処理有料化を実施します

「ごみ減量化」を推進するとともに、ごみ処理費用に対する「住民負担の公平性の確保」及び「財源確保」を図るため、平成31年4月1日より家庭系可燃ごみ処理有料化を実施します。

家庭系可燃ごみ処理有料化とは

家庭系可燃ごみ処理有料化とは、ごみを出す人が出す量に応じて、ごみの収集・運搬・処分に係る経費の一部を手数料として負担していただく制度です。

なお、町では、この「ごみ処理に係る手数料」を「町指定ごみ袋の購入価格」とする方法で有料化を実施します。

町指定ごみ袋の価格の算出方法の変更について

現在(平成31年3月31日まで)

「町指定ごみ袋の価格」

 =「ごみ袋の製造費」+「小売店の利益」

(注)ごみの収集・運搬・処分に係る経費は、住民税などで賄っています。


新(平成31年4月1日から)

「町指定ごみ袋の価格」

 =「ごみ処理手数料(ごみの収集・運搬・処分に係る経費の一部)」

(注)ごみ袋の製造費は、住民税などで賄います。

町指定ごみ袋の色について

本制度を実施するに当たり、町指定ごみ袋の色が変わります。

新しい町指定ごみ袋の色は「半透明青色」から「半透明白色」に変わります。

町指定ごみ袋の購入価格について

 本制度を実施するに当たり、町指定ごみ袋の購入価格が変わります。

 小売店での購入価格は次のとおりです。

現在(平成31年3月31日まで)

ごみ袋のサイズ

小売店での購入価格

(10袋入り1パック)

ごみ袋 大(45リットル) 100円 (注1)
ごみ袋 中(30リットル)   80円 (注1)
ごみ袋 小(20リットル)   70円 (注1)

(注1) 小売店によって、購入価格は異なります。

新(平成31年4月1日以降)

ごみ袋のサイズ

小売店での購入価格

(10袋入り1パック)

ごみ袋 大(45リットル) 450円
ごみ袋 中(30リットル) 300円
ごみ袋 小(20リットル)

200円

 

町指定ごみ袋取扱店について

新たな町指定ごみ袋の販売を平成31年2月中旬から開始します。

なお、町指定ごみ袋取扱店については、下記一覧のとおりです。

説明会の開催日程について(終了しました)

平成31年4月1日以降、現在の町指定ごみ袋(半透明青色)は「もえるごみ」の排出には使用できなくなります。

また現在の町指定ごみ袋の取り扱いについて、販売についても3月末で終了します。

ごみ袋の計画的なご購入をお願いします。

なお、資源ごみの「プラスチック製容器包装」や「布類」の排出には、平成31年4月1日以降も引き続き使用できます。

 家庭系可燃ごみ処理有料化を実施するにあたり、各地区で説明会を開催しました。

多数の方にご参加いただきありがとうございました。

説明会配布資料

家庭系可燃ごみ処理有料化説明会でのQ&A

関連リンク

お問い合わせ

環境課 環境衛生係
〒470-2192 愛知県知多郡東浦町大字緒川字政所20番地
電話番号:0562-83-3111
ファックス:0562-83-9756

環境課 環境衛生係へメールを送信