更新日:2018年08月19日

町長メッセージ 8月19日 市民映画『バリアフリーかあちゃん』の撮影

 7月16日、ひがしうら映画プロジェクト『バリアフリーかあちゃん』の制作発表会がイオンモール東浦のイオンホールで開催されました。町制70周年を記念する市民発案のプロジェクトです。

 

 

 まず代表の村松さんから挨拶、そして石丸監督から映画のテーマとストーリーのさわりの部分、それから、主なキャストとロケ地、撮影スケジュールについて説明がありました。
 市民映画というのは実に人を引きつけるものだと感心しました。普段お目にかかったことのない住民の皆さんがたくさんいます。他のまちからも映画に興味や経験のある人が参加してくれています。新聞やメディアスやSNSで知ったという人はもちろん、阿久比の図書館でチラシを見たという阿久比町民や円頓寺の飲食店でポスターを見たという名古屋市民もいました。町内在住でモデルをされている小田真奈美さんには初めてお会いしました。NHKドラマ「中学生日記」の先生役だった俳優の鈴木林蔵さんも出演されるそうです。さうす のぅ めにぃ(南知多観光大使)のお二人にも初めてお会いしました。

映画の説明をする石丸さん
制作発表会の様子

 これは、市民による手作りの市民映画です。監督・脚本は高浜物語などご当地映画を手がけていらっしゃる石丸みどり監督にお願いして、あとは市民の知恵とスキルと想いを出し合ってつくります。東浦町行政からは、パートナーシップ推進事業を通じて若干の補助金を出させていただきますが、あとは企画から資金集めまで市民の力によります。なんとか自分たちの力で地元の映画を作りたい。この情熱は凄いと思います。
 「映画づくりはまちづくり」という言葉を聞いたことがあります。みんなの心に残る映画が完成することを期待しています。

 

 

 町内で、「ひがしうら映画プロジェクト ~バリアフリーかあちゃん~」の撮影が行われています。
8月18日はカチンコ初体験。

撮影の様子
カチンコを鳴らす神谷町長

 その翌日、於大公園で飛び入りのエキストラが大勢参加、クライマックスシーンを撮影して、クランクアップしました。私も初めてエキストラとして参加。集まった皆さんは国籍も様々。最後は「オーラ🎵うーら🎵 オーラ🎵うーら🎵 ひがしう~ら~🎵」の大合唱で撮影を終えました。
 映画はシーンの数が多いだけでなく、一つ一つのシーンを納得いくまで撮るので、想像以上に手間がかかるものなんだと実感しました。さて、どんな映画が完成するのか楽しみです。

於大公園に集まる大勢のエキストラ
於大公園での撮影の様子

東浦町長 神谷 明彦

  (平成30年8月19日)

お問い合わせ

秘書人事課 秘書給与係
〒470-2192 愛知県知多郡東浦町大字緒川字政所20番地
電話番号:0562-83-3111
ファックス:0562-83-9756

秘書人事課 秘書給与係へメールを送信