東浦町 校歌のページ

森岡小学校校歌

作詞 久米常民

作曲 水谷昌平

1

朝日照る 衣が浦に

萌え出でし 若き葦の芽

考へる 葦にて強し

解き明かす子らよ

ああ われら 明るく 生きん

2

森岡の 丘陵のもみぢ葉

うるわしき 言の葉の色

話しあふ 木々にて楽し

助けあふ子らよ

ああ われら 楽しく生きん

3

北の空 御嶽の峯

けがれなき 銀の粒

積りあふ 雪にて清し

鍛えあふ子らよ

ああ われら 厳しく生きん

片葩小学校校歌

作詞 久米常民

作曲 水谷昌平

1

片葩の里に 堂々と

白亜の校舎は 立ち並ぶ

ここに学んだ 父母と

ああ われら

学びの幸福を 共にして

強い身体を 鍛えよう

2

権現山を おし開き

われらの郷土は 延びて行く

伸びる文明 果て知れず

ああ われら

科学の基礎を 見きわめて

強く正しい 子になろう

3

衣が浦に うち寄せる

大波小波は 休まない

ここに学んで たゆみなく

ああ われら

正義の道を ひとすじに

清く明るく 生き抜こう

藤江小学校校歌

作詞 久松潜一

作曲 朝永研一郎

1

ふけよ ふけ みどりの風よ

山すそぞいの 学びの窓に

よき師のもとに いそしむわれら

身をばきたえて 心を高め

日本をつくる 一人とならん

日本をつくる 一人とならん

2

さけよ さけ 菜の花れんげ

藤江のうらの しずけきところ

明るき知恵と 清きじょうもて

まことの道を 正しく歩み

世界にはじぬ よき人たらん

世界にはじぬ よき人たらん

 

3

とべよ とべ 青い鳥よ

風あらくふき 木草かるとも

けわしきに耐え 苦しみをこえ

はるけき道も たゆまず進み

月の桂を たおりかざさん

月の桂を たおりかざさん

東浦中学校校歌

作詞 久松潜一

1

東浦波水きよらかに

新生日本を築きあぐべき

つとめにないて学にいそしむ

若人われらの道ぞはろけき

2

叡智のともしび高くかかげ

時代をつらぬく真理を求めて

こころもゆたかにやまず進まば

文化の花は咲きてにおわむ

3

五つのうてな一つにむすび

平和の鐘の高鳴るところ

理想の園をここに築かむ

若人われらいざやはげまむ

北部中学校校歌

 作詞 久米常民

 作曲 水谷昌平

1

いにしへに 卯の花にほひ

ほととぎす 花を慕ひて

訪れし うるわしの里

やさしさに 強さを秘めて

乱世を 生きし御母

この里に 伝え称へん

ああわれら 北中生 ここに学びて

やさしさと 剛毅きこころを

鍛え育てん

2

北の空 御岳の峰

仰ぎみる ゆかりの里に

力ある 身体を鍛ふ

脚下を 明るく照らし

眉あげて 遠くみとほし

郷土の 興望になはん

ああわれら 北中生 ここにかんがみ

ゆたかなる 器量めざして

強く育たん

3

朝日さす 衣が浦に

青波は やまず流れて

人の世の 進歩に似たり

物質にのみ 眼は向けず

誠実の こころみがきて

現世を 清潔く保たん

ああわれら 北中生 ここを凝視めて

基礎となる 知識たくはへ

時機にそなへん

東浦高等学校校歌

 作詞 久松潜一

 作曲 武蔵野音楽大学

1

春の波かゞやく 衣ヶ浦

はるかに見つゝ もの学ぶ

われらのさち  われらのほこり

手をたづさへて ともに進まん

2

秋は千町田に  稲穂みのる

このよき自然に 身をきたへ

知恵をみがき  情ゆたかに

世に出づる日の もとゐ築かん

3

けはしき歴史の 流れのうち

ゆくてをはゞむ 日ありとも

たくましく生き 越えてはゆかん

われら東海の  をのこぞをとめぞ

この記事に関するお問い合わせ先

図書館 図書館係(東浦町中央図書館)
〒470-2102 愛知県知多郡東浦町大字緒川字平成81番地
電話番号:0562-84-2800
ファックス:0562-84-2802

図書館 図書館係へメールを送信