特別資料室【久米常民 著述目録】

 

単行本
  書名 刊行年月 出版社 請求記号 原稿収納記号
1 国語教育の実際 (国語国文学教育の方向) 昭24年 健文社    
2 万葉集の挽歌 (万葉集大成7) 昭29年10月 平凡社 K1708
K1709
 
3 万葉集の誦詠歌 昭36年7月 塙書房    
4 国語教育の方法と実践的理論 —文章の表現と理解— 昭41年9月 右文書院 K1  
5 万葉のあけぼの (日本文学の歴史2) 昭42年6月 角川書店 K755  
6 大伴坂上郎女 (日本女流文学史) 昭44年3月 同文書院 K115  
7 大伴坂上郎女 (和歌文学講座5) 昭44年5月 桜楓社 K159  
8 大伴家持の歌風 —その形成と発展— (万葉集・(日本文学研究資料叢書)) 昭44年11月 有精堂 K5  
9 万葉集の文学論的研究 昭45年3月 桜楓社 K7  
10 初期万葉と記紀歌謡 (万葉集・(日本文学研究資料叢書)) 昭45年6月 有精堂 K6  
11 書き・書く・書け 随想 昭46年10月 桜楓社 K8  
12 万葉集 時代と作品 昭48年2月 桜楓社 K9  
13 万葉集の歌謡性と視点の問題 (表現学論考 今井文男教授還暦記念論集) 昭51年 論集刊行委員会    
14 憶良文学に於ける歌謡性 —山上憶良の「歌びと」的性格— (万葉集研究5) 昭51年7月 塙書房 K476  
15 万葉歌謠論 記紀歌謡から万葉歌謡へ 昭54年5月 角川書店 K10  

 

 雑誌・紀要・単行本所収論文(編年)
  論文名 刊行年月 発表誌等 請求記号 原稿収納記号
1 山柿論 昭14年10月 国語と国文学    
2 続山柿論 昭17年3月 国語と国文学    
3 カリキュラムの反省 昭26年7月 国語と国文学    
4 人麿と神話 昭32年12月 説林1号    
5 挽歌の誦詠性 昭32年12月 愛知県立女子大学紀要8    
6 山上憶良の「子等を思ふ歌」 —口誦歌からの脱皮— 昭33年7月 説林2号    
7 新古今和歌集の発刊を祝して 昭33年7月 説林2号    
8 万葉集の口誦歌について —万葉の新しい理解のための覚え書— 昭33年12月 愛知県立女子大学紀要9    
9 万葉集の酒宴歌とその誦詠 昭34年2月 説林3号    
10 万葉集の応詔歌とその誦詠 昭34年6月 説林4号    
11 謠う歌と書く歌と 昭34年10月 明鏡    
12 万葉集における題詞・左註の意味するもの 昭35年1月 説林5号    
13 万葉集の歌の誦詠者について —采女の場合— 昭35年7月 説林6号    
14 大伴旅人の文学とその読者 昭35年12月 説林7号    
15 山部赤人の自然詠四首 —その仮構性について— 昭35年12月 愛知県立女子大学紀要11    
16 万葉「竹取翁歌」はモンタージュ作品か 昭36年10月 説林8号    
17 国語の表現ということ —国語教育論の基盤として— 昭36年12月 愛知県立女子大学紀要12    
18 「玉梓の使」考 —使者の古代文学史的意義— 昭37年9月 説林9号    
19 国語の理解ということ —国語教育論の基盤として— 昭37年12月 愛知県立女子大学紀要13    
20 大伴家持の歌風 —その形成と発展— 昭38年1月 説林10号    
21 「主題小説」覚え書 —表現論の立場から— 昭38年12月 愛知県立女子大学紀要14    
22 額田王論序説 —抒情詩の誕生— 昭39年2月 説林12号    
23 万葉巻八巻十存疑 昭39年12月 説林13号    
24 万葉集の生業と歌と 昭39年12月 説林14号    
25 国語教育に於ける指導案の意義 —研究と教育との接点として— 昭40年12月 愛知県立女子大学紀要16    
26 講演したことなど 昭41年2月 滴声5号    
27 万葉集の問答歌 昭41年4月 国語と国文学    
28 表現とは何か 昭41年4月 金城国文    
29 万葉女流歌人大伴坂上郎女の文学 昭41年12月 愛知県立大学文学部論集17    
30 万葉「防人歌」について —大伴家持の「防人歌」集録とその作品— 昭42年12月 愛知県立女子大学紀要18    
31 田辺福麿 昭43年1月 國文學(學燈社)    
32 初期万葉と記紀歌謡 昭43年2月 説林16号    
33 万葉の窓 昭43年9月 万葉文学3号    
34 松田好夫著「万葉研究新見と実証」 昭43年10月 国語と国文学    
35 大津宮文学サロンの成立  —懐風藻との接点に於て— 昭43年12月 愛知県立大学文学部論集19    
36 作者未詳歌の問題 昭44年2月 国文学(至文堂)    
37 万葉「歌びと」の世界 昭44年6月 国語と国文学    
38 万葉集の「娘子」群 昭44年12月 愛知県立大学文学部論集20    
39 笠金村とその歌集 昭44年12月 説林18号    
40 万葉歌人の死 昭45年7月 国文学(至文堂) K537  
41 万葉集巻十三の女性歌 —「古万葉集」の一巻として— 昭45年12月 愛知県立大学文学部論集21    
42 万葉巻十一・巻十二の実態について —「古万葉集」中の巻々として— 昭45年12月 説林19号    
43 「古万葉集」の東歌 —その「歌謡性」から「文学性」への転換— 昭46年12月 愛知県立女子大学紀要22    
44 藤原宮と「古万葉集」 昭47年2月 説林20号    
45 古代歌謡・伝承と創造 —「歌びと」人麻呂を通して 昭47年10月 国語と国文学    
46 「古万葉集」の巻一・巻二 昭47年12月 説林21号    
47 万葉集の場と表現 (万葉集講座3) 昭48年7月 有精堂 K130  
48 「留火之明大門尓入日哉」の訓釈 昭48年12月 愛知県立女子大学紀要24    
49 山上憶良の七夕宴の歌 昭48年12月 説林22号    
50 万葉集・公撰から私撰へ —大伴家持の万葉へのかかわり 昭49年1月 季刊文学・語学    
51 嘉摩郡撰定歌と古代歌謡 (憶良と嘉麻) 昭49年9月 稲築文化協会 K1074  
52 磐姫皇后の歌の史的意義 —氏族伝承に関連して— 昭49年12月 説林23号    
53 和歌における定型の成立 —誦詠詞歌からの仮説— 昭50年7月 上代文学36号    
54 山上憶良歌碑の除幕に際して 昭50年9月 滴声7号    
55 額田王「山科御陵退散歌」の背景 昭50年12月 説林24号    
56 後記(編集委員長として)愛知県立大学創立十周年記念論集 1975 昭50年12月   K1545  
57 随筆・南吉と私 昭51年7月 日本児童文学    
58 古代和歌としての記紀歌謡 —万葉歌謡論序説— 昭51年7月 美夫君志20    
59 教科「国語」は何をすべきものであるか 昭51年9月 久米常民先生講演記録    
60 万葉巻十三と「乞食者」 昭51年11月 国語と国文学    
61 小沢正夫先生と私 昭51年12月 説林25号    
62 高市黒人の歌 —問答歌人として— 昭52年3月 愛知県立大学文学部論集26    
63 久米常民教授を偲ぶ 昭52年5月 愛知県立大学    

 

この記事に関するお問い合わせ先

図書館 図書館係(東浦町中央図書館)
〒470-2102 愛知県知多郡東浦町大字緒川字平成81番地
電話番号:0562-84-2800
ファックス:0562-84-2802

図書館 図書館係へメールを送信