更新日:2020年07月31日

ひとり親世帯臨時特別給付金

ひとり親世帯臨時特別給付金とは

新型コロナウイルス感染症の影響により、子育てと仕事を一人で担うひとり親世帯に特に大きな困難が心身に生じていることを踏まえ、こうした世帯の子育て負担や収入の減少に対する支援を行うため、臨時特別給付金を早期に支給するものです。この給付金は全国一律の制度で、「基本給付」と「追加給付」があります。

臨時特別給付金の対象となる「ひとり親世帯」とは

児童扶養手当の支給要件((注))に該当する方が対象となります。

すでに児童扶養手当受給資格者としての認定を受けている方だけでなく、現時点で認定されていなくても、支給要件に該当している方も対象となる可能性があります。

(注)児童扶養手当の支給要件

18歳到達後の最初の3月31日までの児童⦅中度以上の障害を有する場合は20歳未満⦆を監護するひとり親家庭(養育者を含む)

支給対象者

基本給付

以下の(1)~(3)に該当する方が対象です。

(1) 令和2年6月分の児童扶養手当が支給される方


(2) 公的年金等を受けていることにより児童扶養手当の支給を受けていない方

• 「公的年金給付等」とは、遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償などです
• 平成31年度(平成30年分)の収入または所得が、児童扶養手当の支給制限額を下回る方に限ります
• 既に児童扶養手当受給資格者としての認定を受けている方だけでなく、過去に児童扶養手当の申請をしていれば、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全額停止されたと推測される方も対象となります


(3)新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方

• 申請時点でひとり親の方で、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、年金を含めた令和2年2月以降の任意の1ヶ月(ひとり親の要件に該当した翌月分以降)の収入×12ヵ月が、児童扶養手当を受けられる水準を下回る方 。

• 既に児童扶養手当受給資格者としての認定を受けている方で、所得が限度額を超えて、現在、児童扶養手当が全部支給停止となっている方も対象です
• 扶養義務者の収入が減少した場合も対象です

上記(2)、(3)については、児童扶養手当の申請をしていない方も対象です。

 

収入が減少した児童扶養受給世帯等への追加給付

上記(1)、(2)に該当する方のうち、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が大きく減少しているとの申し出があった方


• 扶養義務者の収入が減少した場合でも、追加給付の対象です
• 上記(3)の方は追加給付の対象ではありません

 

給付額

基本給付

児童扶養手当を受給しているひとり親世帯などへの給付

給付額

1世帯5万円

第2子以降1人につき3万円

 

追加給付

基本給付対象者のうち、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が大きく減少した世帯が対象

給付額

1世帯5万円

 

手続き方法について

令和2 年6 月分の児童扶養手当が支給される方

給付金を受けるための申請は不要です。

• 8月に発送する児童扶養手当の現況届に案内を同封します。

• 給付金を希望しない場合には、問い合わせ先に連絡してください。

 

基本給付2、3の該当者

給付金を受けるための申請が必要です

• 児童扶養手当を申請していないひとり親世帯で支給対象になると思われる方は、窓口またはお電話でお問い合わせください。

 

追加給付の該当者

給付金を受けるための申請が必要です

 

申請期間

令和2年8月3日(月曜日)から令和3年1月31日(日曜日)まで

申請・お問い合わせ先

児童課児童福祉係 (内線144)

外部リンク

制度の詳細については、厚生労働省HPをご参照ください。

 

お問い合わせ

児童課 児童福祉係
〒470-2192 愛知県知多郡東浦町大字緒川字政所20番地
電話番号:0562-83-3111
ファックス:0562-83-3912

児童課 児童福祉係へメールを送信