更新日:2020年05月20日

国民年金保険料免除・納付猶予、学生納付特例に係る臨時特例手続きについて

新型コロナウイルス感染症の影響により令和2年2月以降、所得が基準額まで下がった場合は、令和2年5月から臨時特例措置として、本人申立の所得見込額を用いた国民年金保険料免除・納付猶予が認められます。

また、学生納付特例についても、所得が基準額まで下がった場合は、同様に本人申立の所得見込額を用いた国民年金保険料学生納付特例が認められます。

対象となる方

以下の2点をいずれも満たした方が対象になります。

(1)令和2年2月以降に、新型コロナウイルス感染症の影響により所得が減少したこと

(2)下記の所得見込額が、現行の国民年金保険料の免除等に該当する水準になることが見込まれること

所得見込額は令和2年2月以降から申請月のうち収入が減少した任意の月の収入額(減収後の額が最も低い月など)を12か月分(年額)に換算した年間収入額をもとに算出します。

申請方法

臨時特例による免除の申請に必要な書類は以下の2つの書類となります。申請の際には、以下の2つの書類を必ずご提出願います。

・国民年金保険料免除・納付猶予申請書 (学生の場合は国民年金保険料学生納付特例申請書)

・所得の申立書

(注)学生の方は在学期間がわかる学生証のコピー(裏面に有効期限、学年、入学年月日の記載がある場合は裏面のコピーを含みます。)または在学証明書(原本)の添付が必要です。

ただし、学生証発行遅延により手元にない場合は学生納付特例の申請を行い、学生証が手元に届き次第、速やかにコピーを提出してください。

 

申請書は、日本年金機構のホームページより印刷やダウンロードが可能です。年金事務所または役場の保険医療課窓口にも備え付けています。申請は必要な書類とともに、年金事務所または東浦町役場保険医療課保険年金係へ郵送してください。

(注)申請書等を直接提出していただくことも可能ですが、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、できる限り郵送による手続きをご利用ください。

 

詳細は日本年金機構ホームページで確認ください。

https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/0430.html

お問い合わせ

保険医療課 保険年金係
〒470-2192 愛知県知多郡東浦町大字緒川字政所20番地
電話番号:0562-83-3111
ファックス:0562-83-9756

保険医療課 保険年金係へメールを送信