更新日:2016年03月01日

国民年金(学生納付特例)

次のいずれかに該当する方は、申請して承認されれば、保険料の納付特例が受けられます。なお、引き続き納付特例を受けられる方は毎年申請してください。

  1. 被保険者が大学、大学院、短大、高等専門学校、専修学校などに在籍している学生(夜間、通信制、定時制の学生も含む)
  2. 被保険者の前年の所得が基準額以下のとき

基準額

118万円+(プラス)老人扶養親族(配偶者)×(かける)48万円+(プラス)特定扶養親族×(かける)63万円+(プラス)その他の扶養親族×(かける)38万円+(プラス)控除額

控除額 地方税法による市町村民税のもととなる控除額

承認期間

4月から翌年3月までです。

(ただし、失業や災害などの理由による申請の場合には、その事由が発生した月の前月分までしか遡りません。)

なお、2014年4月からは過去2年1カ月分の未納期間についても免除申請をすることができます。

保険料の追納

保険料の納付特例を受けた方が、その後、納付特例を受けた期間について、保険料をあとから納付することができます。

  • 10年以内であれば、さかのぼって納めることができます。
  • 追納する期間・時期によって、追納額が異なります。
  • 古い順から追納します。(任意に選んで追納することはできません)
  • 免除期間・学生納付特例期間を両方お持ちの方は、学生納付特例期間を優先して追納します。

追納する場合は、保険医療課または半田年金事務所へ連絡してください。納付書をお送りしますので、お近くの金融機関等で納めてください。

その他、詳しい内容は日本年金機構ホームページをご覧いただくか、半田年金事務所国民年金課(0569-21-2322)へお問合せください。

お問い合わせ

保険医療課 保険年金係
〒470-2192 愛知県知多郡東浦町大字緒川字政所20番地
電話番号:0562-83-3111
ファックス:0562-83-9756

保険医療課 保険年金係へメールを送信