更新日:2016年03月01日

国民年金に加入する人

国民年金は、お年寄りになったときや、障害者になったとき、あるいは一家の働き手を亡くしたときに、生活の安定を図ることが目的です。 このため、20才から60才未満の方は必ず国民年金に加入しなければなりません。 ただし、厚生年金、あるいは共済組合に加入した方は、国民年金に加入したことになります。

被保険者

国民年金被保険者の種類
第1号被保険者 日本国内に住む20才以上60才未満の農業・自営業・学生などの方
第2号被保険者 厚生年金保険・共済組合に加入している方
(65才以上で老齢・退職年金を受ける権利のある方を除く)
第3号被保険者 第2号被保険者に扶養されている20才以上60才未満の配偶者で、年収が130万円未満の方

 

基礎年金番号

年金(国民年金・厚生年金・共済組合)の加入記録は、基礎年金番号で管理しています。

年金に関する届証は、年金手帳に記載されている基礎年金番号を記入して届出することになっています。 また、年金に関する相談や受給の手続のときも必要となります。

年金手帳は、あなたの生涯のパートナーです。大切に保管してください。

任意加入被保険者

第1号・第2号・第3号被保険者に該当しない次の方は、希望により任意加入することができます。

  1. 日本に住む20才以上60才未満の方で、老齢(退職)年金等を受けることができる方
  2. 日本に住む60才以上65才未満の方 (老齢基礎年金を受けていない方)
  3. 日本以外に住む日本国籍を持つ方で20才以上65才未満の方(老齢基礎年金を受けていない方)
  4. 1965年4月1日以前に生まれた方で、老齢基礎年金の受給資格を満たしていない方 (65才から70才までの間で、受給資格を満たすまで加入できます)

お問い合わせ

保険医療課 保険年金係
〒470-2192 愛知県知多郡東浦町大字緒川字政所20番地
電話番号:0562-83-3111
ファックス:0562-83-9756

保険医療課 保険年金係へメールを送信