更新日:2016年03月01日

相続又は贈与等に係る生命保険契約や損害保険契約等に基づく年金の税務上の取扱いの変更について

遺族の方が年金として受給する生命保険金のうち、相続税の課税対象となった部分については、所得税の課税対象にならないとする最高裁判所の判決がありました(平成22年7月6日)。

そこで、国税庁ではこのような年金に係る税務上の取扱いを改めることとしました。

これにより、平成17年分から平成21年分までの各年分について所得税が納めすぎとなっている方は、その分の所得税が還付となります。お手数ですが、必要な手続き(更正の請求または確定申告など)をしていただきますようお願いします。

この取り扱いの変更の対象となる方や所得税の還付の手続きについては、国税庁ホームページをご覧いただくか、半田税務署に問い合わせてください。

  • 平成17年分について、早い方は平成22年12月末が還付できる期限となりますので、早目の手続きをお願いします。
  • 受け取られた年金の受給権が相続税や贈与税の課税対象となる場合は、実際に相続税や贈与税の納税額が生じなかった方も対象となります。
  • 所得税の返還を装った「振り込め詐欺」も懸念されますのでご注意ください。
     

所得税に関する問い合わせ

半田税務署 代表番号 0569-21-3141

(自動音声案内で、番号「0」を選択すると「保険年金に係る電話相談の専用窓口」につながります)

町県民税・国民健康保険税について

今回の所得税の還付手続きをした方は、税務署から資料が回付され次第、住民税および国民健康保険税についても再計算を行います。再計算後、税額の変更が発生した場合は、東浦町より納税または還付の案内をします。

また、税務署において還付が発生しないなどの理由で必要な手続き(更正の請求または確定申告など)をしなかった場合でも、住民税または国民健康保険税が還付または減額になる場合もありますので、税務署での手続きをされなかった方は、保険年金の受給期間や受給総額などが分かる書類(生命保険会社等から保険年金に関する通知を受けた方は、その通知書)を用意して、税務課まで問い合わせてください。

町県民税・国民健康保険税に関する問い合わせ

税務課 住民税係 内線112 113 119

お問い合わせ

税務課 住民税係
〒470-2192 愛知県知多郡東浦町大字緒川字政所20番地
電話番号:0562-83-3111
ファックス:0562-84-5673

税務課 住民税係へメールを送信