更新日:2017年04月25日

自転車の交通ルール

2013年12月1日に道路交通法(道路交通法第17条の2)が改正され、以前まで路側帯は双方向に通行できましたが、車との正面衝突や自転車同士の接触事故のリスクを避けるため、自転車の左側通行等が義務付けられました。

主な改正ポイント

  • 自転車が路側帯を走るときは、左側通行が原則
  • ブレーキのない自転車等による事故の防止
  • 無免許運転の根絶
     
(画像)四角形吹き出し: 歩道と車道が区別されている道路では、車道通行が原則!  →車道の左端を走りましょう
(イラスト)自転車の安全運転
(イラスト)自転車は左側通行

次の場合は、歩道を走ることができます

(イラスト)自転車及び歩行者専用の道路標識
  • 道路標識がある場合や、車道の通行が危険な場合等
  • 運転者が13歳未満の子ども、70歳以上の高齢者、身体の不自由な方

ただし、歩道を走るときは歩行者優先で!

自転車も車両の一種であり、交通ルールを守りましょう。


詳細やその他の改正内容については、愛知県警察のホームページをご覧ください。

お問い合わせ

防災交通課 交通防犯係
〒470-2192 愛知県知多郡東浦町大字緒川字政所20番地
電話番号:0562-83-3111
ファックス:0562-83-9756

防災交通課 交通防犯係へメールを送信