更新日:2019年06月27日

10月1日ダイヤ改正 東浦町運行バス「う・ら・ら」

ダイヤ改正

10月以降の定期券を購入する方へ

定期券の画像

 令和元年10月1日のダイヤ改正に伴い、一部バス停やルートが廃止されます。10月以降の定期券を購入する際は、PDFファイル「東浦町運行バス「う・ら・ら」路線(10月1日改正)」や「東浦町運行バス「う・ら・ら」時刻表(10月1日改正)」を十分に確認し、ご了承の上、ご購入ください。

改正後の路線・時刻表

 本ページの路線及び時刻表は、公共交通会議の資料となります。今後、路線名及びバス停名は変更する場合がありますので、ご了承ください。

新設(移設)するバス停

  • 於大公園南(移設)
  • 東浦葵ノ荘
  • 東ケ丘交流館
  • 高根口公園
  • 上高根台西
  • 上高根台東
  • 芦間(移設)
  • 石浜コミュニティセンター
  • 石浜南(移設)
  • 体育館南
  • 生路小学校北
  • 生路コミュニティセンター
  • ふじが丘北
  • ふじが丘
  • ふじが丘南

廃止するバス停

  • 石浜
  • 石浜駅
  • 石浜西保育園
  • 東和荘
  • ふじが丘

10月1日ダイヤ改正 東浦町運行バス「う・ら・ら」

ダイヤ改正の目的は?

 今回のダイヤ改正では、運行頻度の向上や道路幅員の狭い住宅地内などの地域をカバーすることを目的としています。

新ダイヤはどのように策定したの?

第一に地域のニーズを把握しました

 平成30年7月8日(日曜日)に開催した「公共交通講演会」を皮切りに、平成30年7月14日(土曜日)、7月15日(日曜日)、7月21日(土曜日)の3日間、町内8地区に分けて実施した「グループインタビュー」や9月下旬に実施した「東浦町の公共交通に関する町民アンケート調査」にて、地区別の利用状況や地域住民の意向把握を行いました。

利用者も参加する会議で協議しました

 公共交通の有識者や運行事業者、利用者代表などを委員とする「公共交通会議」にて、平成29年度よりダイヤ改正に向けての協議を重ね、各所で把握したニーズを取り入れた今回のダイヤを策定しました。

主な変更点は?

1.運行バスを4台から6台に増車

現状の中型バス4台に小型車両(14人乗り)2台を追加した合計6台での運行となります。

2.路線がピストンから循環に

 今回のダイヤ改正での路線は、緒川駅を起点とし、町内を大きく一周する循環線を核としています。緒川駅から向って時計回りに運行する路線を「循環線(右回り)」、反時計回りに運行する路線を「循環線(左回り」と呼びます。

  • 循環線のメリット
    循環線内のバス停については、右回り・左回りともに停車するため、一方では遠回りにはなりますが、実質的な増便となります。

3.石浜・生路地区の住宅地内をカバー

 新たに導入した小型車両(14人乗り)により、中型バスでは乗り入れることができなかった石浜・生路地区の道路幅員の狭い住宅地内などもカバーします。

(注意)小型車両(14人乗り)は、車椅子の乗車はできません。

4.刈谷線に午前8時台の便を導入

 町民アンケート等で需要が高かったことから、刈谷線に午前8時台の便を導入しました。午前8時20分に緒川駅東口を発車する便では、午前8時30分に刈谷豊田総合病院に、午前8時34分に刈谷駅南口に到着します。

5.新田地区から長寿医療研究センターに直行

 町民アンケート等で需要が高かったことから、新田地区から長寿医療研究センターに直行する便を導入しました。上高根台東を午前7時35分に発車する便では、東ケ丘集会所や新田分団詰所、相生の丘等を経由し、午前8時9分に長寿医療研究センターに到着します。

お問い合わせ

防災交通課 交通防犯係
〒470-2192 愛知県知多郡東浦町大字緒川字政所20番地
電話番号:0562-83-3111
ファックス:0562-83-9756

防災交通課 交通防犯係へメールを送信