7月~9月のトピックス

更新日:2024年07月08日

7月のトピックス

7月7日 里山を知ろうinイオンモール東浦

動物のはく製を鑑賞する来場者
カメについて教えてもらう来場者
竹製の笛を作る来場者

里山を知ろうinイオンモール東浦が開催され、東浦自然環境学習の森で活動している、保全育成の会の5つの団体がブースを構えて、活動などをPRしました。各ブースでは東浦自然環境学習の森に生息する動物たちとの触れ合いや自然物の展示、保全活動で伐採した竹を活用した作品や竹灯篭の展示などが行われました。
参加した方は「家の近くでたぬきやキツネらしきものを見たが、はく製を見てそれが正しかったと確信しました。買い物ついでにたまたま通りかかって入ってみたが楽しめました」と話しました。里山保全活動団体の会長は「東浦にある自然に触れ合える場を作りたくて開催しました。このイベントを通して自然学習の森をもっと多くの方に知ってもらいたいです。また、これを機に里山保全活動団体を知り、特に若い世代に入ってもらいたいです」と話しました。

7月5日 うららんフェスタ開催!

ブースを楽しむ子ども
短冊に願い事を書く来場者
作った被り物を着ける子どもと保護者3組
出し物を楽しむ来場者
車を模した箱に入った子どもとそれを引っ張る保護者

総合子育て支援センター(うららん)でうららんフェスタが開催されました。0~3歳位までの子どもを対象とした、ゲームや記念撮影ブース、工作など、親子で楽しめるコーナーが勢ぞろい。子どもたちは一生懸命工作をしたり、遊具に夢中になったり…。会場は保護者と子どもたちの楽しそうな笑顔であふれていました♪

7月4日 不審者の来庁に備えろ!

さすまたの使い方を学ぶ職員
不審者を抑制する職員たち

来庁した不審者を警察が到着するまで抑制し、周囲の安全を守るためにとるべき行動などを学ぶために不審者対応訓練を実施しました。講師には半田警察署の方を迎え、身を守るため常に心がけるべきことや、さすまたや盾などの道具をどのように使用したらよいか、実践形式で学びました。訓練を受けた職員は「この訓練は他に来庁されている方の安全を守るためにも重要だと思った。しかし、実際にこの訓練が役立つ瞬間が来ないことを祈っている」と話しました。

この記事に関するお問い合わせ先

住民自治課 広聴広報係
〒470-2192 愛知県知多郡東浦町大字緒川字政所20番地
電話番号:0562-83-3111
ファックス:0562-82-0890

住民自治課 広聴広報係へメールを送信