更新日:2020年07月03日

まち・ひと・しごと創生

まち・ひと・しごと創生とは、各地域の特徴を活かした自律的で持続的な社会を創生することを目指して、人口減少を克服し、将来にわたって「活力ある日本社会」の維持に向けた政策を進めることです。

国は、急速に進む少子高齢化と人口減少に歯止めをかけ、将来にわたって活力ある日本社会を維持していくため2004年(平成26年)11月に、「まち・ひと・しごと創生法」を策定する共に、同年12月に、「まち・ひと・しごと創生長期ビジョン」及び「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を閣議決定しました。

東浦町においても、人口減少対策の推進や活力に満ちた地域社会の構築に向けて施策や事業の展開に取組んでいます。

東浦町まち・ひと・しごと創生 人口ビジョン・総合戦略

東浦町では、「まち・ひと・しごと創生法」に基づき、住民の皆様をはじめ様々な分野の方からなる「東浦町まち・ひと・しごと創生総合戦略検討委員会」においてご意見をいただきながら、「東浦町人口ビジョン」及び「東浦町まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定し、取組んでいます。

東浦町人口ビジョン

人口の現状と将来の展望を示したもので、本町の地方創生を実現するための今後5ヵ年の目標や施策をまとめた「東浦町まち・ひと・しごと創生総合戦略」の基礎となるものです。

東浦町まち・ひと・しごと創生総合戦略

人口ビジョンを踏まえたうえで、第5次東浦町総合計画で進めている施策を基本に新たな視点を取り入れ、本町の特性を生かした人口減少対策などをとりまとめたものです。

 

地域再生計画

国は、地域活力の再生を総合的かつ効果的に推進するため、平成17年に地域再生法を制定し、地域が行う自主的かつ自立的な取組を支援しています。

東浦町では、地域再生計画を策定し、総合戦略に掲げた取組を総合的かつ効果的に進められるよう努めています。

東浦町の地域再生計画

知多と三河の結節点から発信する 「住みたい・住み続けたい」まち創出プロジェクト(PDFファイル:362.3KB)

ウェルネスバレーの推進に係る新産業創出事業(PDFファイル:495.7KB)