伊久智神社祭礼

更新日:2022年02月09日

神楽に合わせ神子が舞う

神楽に合わせ神子が舞う

開催日:9月第3日曜日

開催場所:伊久智神社 生路森腰67

祭りの概要

おまんと(駆け馬)のほか、町無形民俗文化財指定の伊久智神社神楽、神子舞(みこまい)が奉納されます。

伊久智神社神楽

神楽の太鼓と神子舞

神楽の太鼓と神子舞

町指定、無形民俗文化財。伊久智神社の神楽は、慶応3年(1867年)頃の始まりと伝えられ、伏見流と朝日流の2派から成り立っています。

一時期途絶えましたが、経験者が保存会を作り、現在も神楽を奉納しています。

(写真:伊久智神社神楽保存会提供)

詳しくはこちら 町指定文化財のページ

伊久智神楽の奉納

神楽の奉納

伝統の継承

高齢の指導者が自身のひ孫になるような子らに指導し、伝統の灯を絶やさぬようにしています。

この記事に関するお問い合わせ先

生涯学習課 文化財係(東浦町郷土資料館(うのはな館))
〒470-2103 愛知県知多郡東浦町大字石浜字桜見台18-4
電話番号:0562-82-1188
ファックス:0562-82-1189

生涯学習課 文化財係へメールを送信