更新日:2019年09月26日

自然スポットの紹介

東浦町の自然は、住宅開発や工業団地の整備により減少しつつある状況でありますが、残された丘陵地地域の樹林地や社寺林などは住民にとって重要な自然、身近な自然として親しまれています。

公園

自然環境学習の森

(写真)自然環境学習の森その1
(写真)自然環境学習の森その2

『里地里山として自然環境の保全を図るとともに、みなさんが楽しみながら自然とふれあい、人と自然の関係を学ぶ場』として整備されました。散策路や水辺の生き物などが観察できる木道などが設置されています。
自然環境学習の森保全・育成の会を中心に、保全活動が行われています。

於大公園(おだいこうえん)

(写真)於大公園
(写真)於大公園竹林

高根の森

(写真)高根の森その1
(写真)高根の森その2

自然林がそのままの形で残っており、自然の地形を生かした起伏のある散策路があります。

川・池・海(水辺のスポット)

明徳寺川(於大のみち)(みょうとくじがわ おだいのみち)

(写真)於大のみちの八重桜
(写真)みょうとくじがわ 彼岸花

障戸橋から山手大橋まで約2キロメートルにわたり、八重桜などが約400本植えられています。

春には桜、秋には彼岸花が鮮やかに咲き、すてきな散策路になっています。

資料館のとなりの公園からは、桜並木の様子が一望できます。ここからの景色もおすすめです。

申ヶ池(さるがいけ)

(写真)申ヶ池

遊歩道などが整備され、水辺に親しむことができる場所になっています。

飛山池(とびやまいけ)

(写真)飛山池

池の西側に歩道やベンチが設置されています。

新池

(写真)新池

自然環境学習の森の入口にあります。
江戸から明治にかけて起った緒川村と石浜村の水争いの歴史にまつわる池です。

境川河口付近

(写真)境川河口付近

ユリカモメの群れと飛んでいるハマシギです。
境川の河口は多くの鳥が集まる貴重な干潟です。

須賀川河口付近

(写真)渡船場付近

須賀川河口から渡船場にかけての海岸沿いは、のどかな内海です。

天然記念物・巨木

極楽寺の楠

(写真)極楽寺の楠

樹齢は350年以上と思われ、幹の太さは4メートル以上の巨木です。

藤江常夜灯ムクノキ

(写真)藤江常夜灯ムクノキ

樹高は11メートル以上にもなり、樹齢は200年以上は経っていると思われ、常夜灯と共に見守り続けてくれています。

伊久智神社大楠の森

(写真)伊久智神社大楠の森

樹齢数百年を数える楠の大木が並んでいます。
この森は、町指定の天然記念物に指定されています。

於大公園の楠

(写真)於大公園の楠

枝を自由奔放に広げた雄大な楠。於大公園のシンボルとなっています。

社寺林

神社の境内は集落の中に残り、季節により木々の変化を楽しむことができる、身近な自然のスポットです。生い茂る樹木は鎮守の森として代々守られ、神木として大切に保護されている大きい木や古い木もあり、気軽に散策できる場所となっています。

神社境内の主な大木配置図 『新編 東浦町誌 資料編2(自然)』より

「すてきな自然スポット」募集

今後、随時「すてきな自然スポット」を掲載していきたいと思いますので、住民の方々より自然スポットを募集しホームページで随時紹介していきたいと思います。
皆さまからの沢山のご応募お待ちしています。

応募方法

写真、撮影場所、コメント等を明記し、住所・氏名(ふりがな)・電話番号を記入の上、直接窓口までお持ちいただくか、郵送またはメールにて受け付けております。

応募先

【郵送】

〒470-2103
愛知県知多郡東浦町大字石浜字桜見台18-4
東浦町郷土資料館(うのはな館)

【メール】

件名の欄に「すてきな自然スポット」と記入し、本文に写真を添付し、住所・氏名(ふりがな)・電話番号・コメントと場所などご記入し、送信して下さい。

問い合わせ

東浦町郷土資料館(うのはな館)

電話(0562)82-1188

ファックス (0562)82-1189

お問い合わせ

生涯学習課 文化財係(東浦町郷土資料館(うのはな館))
〒470-2103 愛知県知多郡東浦町大字石浜字桜見台18-4
電話番号:0562-82-1188
ファックス:0562-82-1189

生涯学習課 文化財係へメールを送信