更新日:2018年05月28日

認知症サポーター養成講座&フォローアップ講座

認知症サポーターとは

認知症についての正しい知識を持ち、認知症の人やその家族を温かく見守る応援者です。

町では、平成18年度から認知症サポーター養成講座を開催しており、多くの認知症サポーターが誕生しています。

認知症サポーター養成講座

平成29年度からは町内の全ての小学校・中学校などで開催しています。

その他一般向け講座や出前講座なども開催しています。

一般向け講座は、年1~2回程度、保健センターや勤労福祉会館などで開催します。日程が決まりましたら、広報等でお知らせします。

出前講座は、ある程度人数が集まりましたら、ご希望場所にて開催することができますので、お気軽にお問い合わせください。

子どもから大人までわかりやすい講座となっておりますので、ぜひ受講してみてください。

認知症サポーターフォローアップ講座

着実に増加している認知症サポーターですが、養成講座を受講しただけで終わるのではなく、その後の活動を支援し、認知症の人を支える地域づくりへとつなげられるかが課題となっています。

認知症サポーターの方々に、自分に何ができるかを考えていただくきっかけとして、平成24年度から認知症サポーターフォローアップ講座を開催しています。

フォローアップ1

オレンジメイトとは

認知症サポーターよりも一歩進んだ知識と技術を持つ方の称号で、全国に先駆けて始めた町独自の取組みです。

認知症サポーターフォローアップ講座に規定回数出席した方に、オレンジメイトとしての修了証を発行しています。

(写真)オレンジメイト養成講座修了証

オレンジメイトの方々には、

  1. 近隣の認知症の人や家族に対して、自分なりにできる簡単なことから実践する。
  2. 地域でできることを探し、相互扶助・協力・連携、ネットワークをつくる。
  3. まちづくりを担う地域のリーダーとして活躍する。

などの認知症の方に対する支援活動を期待しています。

 

お問い合わせ

ふくし課 地域包括ケア推進係
〒470-2192 愛知県知多郡東浦町大字緒川字政所20番地
電話番号:0562-83-3111
ファックス:0562-83-9756

ふくし課 地域包括ケア推進係へメールを送信