東浦町におけるふだんのくらしのしあわせを守り支えるための連携協定

更新日:2022年05月24日

東浦町ふだんのくらしのしあわせを守り支えるための連携協定とは?

東浦町では、住民の皆さんが生まれてから最期のときを迎えるまで、住み慣れた地域で自分らしく暮らし続け、誰かの支援が必要な状況であっても「ふだんのくらしのしあわせ」を感じて過ごすことが出来るよう、地域全体で支え合う、「地域包括ケアシステム」の構築を目指しています。

その取組みの一つとして、行政と民間事業者が協力することで、住民の皆さんの「ふだんのくらしのしあわせ」を守るために必要な福祉や健康に役立つ民間サービスを充実させ、地域ぐるみでサービスを提供できる体制をつくるために協定を締結しました。

それが「東浦町ふだんのくらしのしあわせを守り支えるための連携協定」です!

令和4年3月31日現在、60事業者と協定を締結しています。

協定を締結するとどうなるの?

協定事業者と行政が情報共有をすることで、役場窓口で民間サービスの紹介をできるようになります。

連携イメージ

情報共有の他にも、町と民間事業者は互いの強みを活かした役割を分担します。

(1) 町の役割

ア 協定内容を町民へ広報周知

イ 福祉及び健康に役立つ民間サービスの情報発信支援

(2) 民間事業者等の役割

ア 福祉及び健康に役立つ民間サービスのニーズ把握、サービス開発及び提供

イ 町との連携による地域貢献活動

民間事業者はどんな取り組みをしているの?

各民間事業者の取り組みは、大きく6つの項目に分類されています。

社会参加の場の提供

・仲間づくり、生きがい、活躍(雇用)の場の提供など

生活支援に関すること

・生活支援サービス(日常的な掃除、洗濯、食事、買い物、家の片付け、不用品整理、電球の取替え、子どもの預かり支援、送迎等)の提供など

健康増進・介護予防に関すること

・運動、口腔、栄養、うつ、閉じこもり、認知症等の予防に資するプログラムの提供など

安心・安全に関すること

・見守り支援

・認知症サポーター・キャラバンメイトの養成(東浦町内、又は近隣の拠点に配置)

・行方不明高齢者等捜索メール配信システム「みまもりねっと」の登録など

町が実施する地域包括ケア推進施策への協力

・町が実施する施策への協力(医療・介護に係る連携支援、妊娠・出産・子育てに係る家庭等への支援、啓発用品等の提供、協賛、会場、周知の協力)など

その他、地域包括ケアに関すること

・上記項目以外で地域包括ケアに関すること

協定事業者の目印はタペストリー!

タペストリー

このタペストリーが協定事業者の目印です。

 

 

 

 

下の丸いキャラクターは「ふくしさん」です。

「ふ」だんの 「く」らしの 「し」あわせ

を守り支えるキャラクターです。

協定の趣旨にご賛同いただける民間事業者を募集しています!

東浦町と一緒に住民の皆さんが安心して過ごせる地域づくりに取り組んでいます。

本協定の趣旨にご賛同いただける事業者、興味のある事業者の方は、下記お問合せ先へご連絡ください!

協定事業者が地域で活躍した一例

【協定を締結している事業者】

・「健活★縁活★笑活まつり」でのブース出展、啓発用品等の提供

 

【イオンモール東浦・イオンスタイル東浦】

・「骨折予防プロジェクト」による介護予防イベントの開催

・従業員に対する認知症サポーター養成講座の実施

 

【生活協同組合 コープあいち】

・高齢者の健診時にフレイル予防食品ほ試食会の実施

・地域の集いの場で管理栄養士による「夏バテ予防講座」の実施

 

その他にも様々な事業者が、得意分野を活かした活躍をされています!

この記事に関するお問い合わせ先

ふくし課 地域包括ケア推進係
〒470-2192 愛知県知多郡東浦町大字緒川字政所20番地
電話番号:0562-83-3111
ファックス:0562-83-9756

ふくし課 地域包括ケア推進係へメールを送信