国民年金保険料免除・納付猶予について

更新日:2022年06月28日

国民年金第1号の被保険者は、毎月の保険料を納めていただく必要があります。

しかし、収入の減少や失業等により国民年金保険料を納めることが経済的に困難な場合は、「国民年金保険料免除・納付猶予制度」をご利用いただくことができます。詳しくは、日本年金機構ホームページ「国民年金保険料の免除制度・納付猶予制度」をご覧ください。

保険料の免除や納付猶予が承認された期間は、年金の受給資格期間に算入されます。ただし、納付猶予期間は年金額には反映されませんのでご注意ください。

なお、受給する年金額を増やすためには、保険料免除や納付猶予になった保険料を後から納める(追納する)制度があります。詳しくは、日本年金機構ホームページ「国民年金保険料の追納制度」をご覧ください。

令和4年度国民年金保険料免除・納付猶予の申請の受付開始

令和4年度の免除受付を7月1日から開始します。免除対象期間は、令和4年7月分から令和5年6月分までです。過去の期間については、申請日より原則2年1カ月前の月分まで遡って免除申請ができます。

過去に申請を忘れていたなど未納期間がある方は、問い合わせ先へ相談してください。

なお、免除申請期間に対応する前年所得に基づいて所得審査が行われます。

 

(持ち物)

・マイナンバーまたは基礎年金番号がわかる書類

・失業などの特例免除を申請する場合は、雇用保険被保険者離職票(コピー可)、雇用保険受給資格者証(コピー可)、雇用保険被保険者資格喪失確認通知書(コピー可)のうちいずれか1点

新型コロナウィルス感染症の影響による減収を事由とする国民年金保険料免除について

新型コロナウィルス感染症の影響により、収入源となる業務の喪失や売り上げの減少などにより所得が相当程度まで下がった場合、本人申告の所得見込額を用いた簡易な手続きよる免除申請が可能です。

臨時特例措置による免除の申請に必要な書類は以下の2つの書類となります。申請の際には、以下の2つの書類を必ずご提出願います。

・国民年金保険料免除・納付猶予申請書

・所得の申立書

申請書は、日本年金機構のホームページより印刷やダウンロードが可能です。年金事務所または役場の保険医療課窓口にも備え付けています。申請は必要な書類とともに、年金事務所または東浦町役場保険医療課保険年金係へ郵送してください。

(注)申請書等を直接提出していただくことも可能ですが、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、できる限り郵送による手続きをご利用ください。

 

詳細は日本年金機構ホームページで確認ください。

https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/0430.html

この記事に関するお問い合わせ先

保険医療課 保険年金係
〒470-2192 愛知県知多郡東浦町大字緒川字政所20番地
電話番号:0562-83-3111
ファックス:0562-83-9756

保険医療課 保険年金係へメールを送信