更新日:2016年03月01日

保育時間等のQ&A

Q1 私的契約児として3才児と5才児を入園させたいのですが、6月末まで1時30分と3時の2回、お迎えに行かなければならないのですか。

A1

保育時間の見直しは、子どもの心身の発達状況を考えたものです。特に3才児は新入園のお子さんが大多数で、心身の負担が大きいことから、慣らし保育とし6月末まで短縮保育を導入しました。また、4、5才児でもこの間は、クラスや担任が替わり不安の多い時期です。午後2回のお迎えが難しいようであれば、上のお子さんも一緒に1時30分に降園することもできます。

Q2 私的契約児の3才児は、6月まで1時30分の降園となりますが、用事があるときは3時まで預かってもらえるのですか。

A2

保護者の病気や学校の授業参観など、一緒に過ごしたり連れて行くことが難しい場合は、申し出によりお預かりします。

Q3 私的契約児が8月に全日休園する場合、保育園へは1日も行けないのですか。

A3

一斉登園日を2日ほど、予定しています。保護者の都合により登園した場合は、保育料は半額になりません。

Q4 午後4時までの土曜日保育、祝日保育を利用する場合、その日だけ指定園へ連れていけばよいのですか。

A4

そのとおりです。平日も指定園を希望することもできます。

Q5 在園している園児の保護者が、勤めている事業所で育児休暇を取得した場合の継続入園は、どのようになりますか。

A5

ご家庭に保護者が在宅することになり、保育実施基準に該当しなくなるため、乳児(0才児から2才児)は退園となり、幼児(3才児から5才児)は実施児から私的契約児に移行の手続きが必要となります。

お問い合わせ

児童課 児童福祉係
〒470-2192 愛知県知多郡東浦町大字緒川字政所20番地
電話番号:0562-83-3111
ファックス:0562-83-3912

児童課 児童福祉係へメールを送信