今日の給食 令和5年度3学期

更新日:2024年02月29日

2月28日(水曜日)

0228

今日の給食は、ごはん、牛乳、厚焼き卵、豚肉と大根の煮物、きゅうりの酢の物です。

今日の主菜は、厚焼き卵です。卵は、質の良いたんぱく質や脂質、ビタミンA、ビタミンD、鉄など、とても栄養のある食品です。そして、きれいな黄色は料理のいろどりをよくしてくれます。この黄色は加熱しすぎると、黒くなってしまうので、料理をするときは注意が必要です。残さず美味しく食べましょう。

2月27日(火曜日)

kyushoku060227

今日の給食は、スライスパン、牛乳、スラッピージョー、ブロッコリーサラダ、ポトフです。

スラッピージョーは、アメリカの人気料理で、ひき肉や玉ねぎなどで作ったミートソースのようなソースをパンにはさんだ料理です。アメリカではバンズパンにはさんで食べることが多いですが、今日の給食ではスライスパンを使用します。給食では、様々な国の食文化を学ぶため、今日のように外国の料理を給食風にアレンジして提供しています。

2月26日(月曜日)

0226

今日の給食は、ごはん、牛乳、さばの塩焼き、ひきずり、はるみです。

今日のデザートは、「はるみ」という名前のみかんです。今から25年前に清見オレンジとぽんかんをかけ合わせて作られた品種です。皮がむきやすく、味が濃厚で、プチプチした食感があります。味わって美味しく食べましょう。

2月22日(木曜日)

kyushoku060222

今日の給食は、麦ご飯、牛乳、ホキフライのソースかけ、八宝菜、切干大根のごま酢あえです。

今日の給食で使われているホキという魚は、聞きなれない名前ですが、市販のお弁当やハンバーガーなどの白身魚フライに使用されている意外と身近な魚です。ホキは全長1mほどの大型の深海魚で、水深200mから700mに生息しています。味にクセはなく、加熱しても身が縮まないことから調理スタイルを選ばずに楽しめる魚です。今日の給食では、ホキをフライにしました。

2月21日(水曜日)

kyushoku0221

今日の給食は、ごはん、牛乳、ハンバーグのおろしだれかけ、豆まめサラダ、のっぺい汁です。

今日のハンバーグにかかっているたれは、「おろしだれ」です。おろしだれは、大根をすりおろして、砂糖としょうゆで味付けしたものです。 冬の大根は水分が多く、辛味が少ないのが特徴です。おろしだれで、ハンバーグをさっぱりと美味しく食べましょう。

2月20日(火曜日)

0220

今日の給食は、ごはん、牛乳、キャベツ入りメンチカツ、関東煮、菜花としらす干しの和え物です。

今日の和え物には、東浦町で採れた菜花が入っています。菜花は、菜の花とも言います。カロテン、ビタミンC、鉄、カルシウムなど栄養がいっぱい入っている野菜です。独特のほろ苦さがありますが、残さず美味しく食べましょう。

2月19日(月曜日)

0219

今日の給食は、小型ロールパン、牛乳、焼きそば、愛知のれんこん入りつくね、フルーツポンチです。

今日のやきそばには、いかが入っています。いかは魚に比べて、低脂肪でエネルギーが少な目ですが、タウリンという、アミノ酸の一種が多く入っているという特長があります。タウリンは、血液や血管、内臓の調子を良くする働きがあります。さらに、うま味成分として、料理をおいしくしてくれます。噛みごたえもあるので、よく噛むことで、丈夫な歯やあごを作るのにも効果的です。美味しく食べて、元気な体を作りましょう。

2月16日(金曜日)

0216

今日の給食は、ごはん、牛乳、菜花コロッケ、れんこんのきんぴら、豚汁です。

今日のコロッケには、愛知県で採れた菜花が入っています。菜花は、冬から春に採れます。菜花は、アブラナという花のつぼみと若い葉を食べます。別名として、「菜の花」や「しんつみな」と呼ばれます。残さず美味しく食べましょう。

2月15日(木曜日)

0215

今日の給食は、ごはん、牛乳、さわらのゆずあんかけ、凍り豆腐の卵とじ煮、白菜のしそひじき和えです。

さわらのゆずあんかけは、焼いたさわらに「ゆずあん」をかけました。「あん」とは、とろみのあるたれです。今日のゆずあんは、ゆずの果肉とだいだいの果汁を入れてさっぱりとしてあんを作りました。ゆずは独特のとてもよい香りがします。だいだいは、縁起のよい果物として、正月の飾りにも使われます。残さず美味しく食べましょう。

2月14日(水曜日)

0214

今日の給食は、ミルクロールパン、牛乳、焼きウインナー、カリフラワーのクリーム煮、パインアップルのシロップ煮です。

今日のクリーム煮に入っているカリフラワーは、白い野菜です。冬に採れ11月から3月が美味しい時期です。カリフラワーは花の部分を食べることができます。 カリフラワーの別の名前は、「花野菜」と「花キャベツ」と言います。花といっても、できたばかりのつぼみがまだかたいうちに収穫しています。美味しく食べましょう。

2月13日(火曜日)

0213

今日の給食は、麦ごはん、牛乳、ビビンバ(肉・卵)、ビビンバ(野菜)、中華スープ、みかんヨーグルトです。

今日のヨーグルトは、みかんヨーグルトです。静岡県でとれたみかんの果肉と果汁が入っています。さらにソフトクリームのようになめらかな舌ざわりに仕上げてあるそうです。ヨーグルトは骨を丈夫にしてくれる食べ物です。おいしく食べましょう。

2月9日(金曜日)

kyushoku0209

今日の給食は、ソフトめん、牛乳、ピリ辛汁かけ、コーンしゅうまい、バンバンジーサラダです。

ピリ辛汁の辛さのもとは、とうがらしです。汁の実に白菜キムチと、とうがらしの粉を入れてあります。とうがらしは辛いだけでなく、体を温めてくれる働きもあります。ピリ辛汁で体を温めて寒さを乗り切りましょう。

2月8日(木曜日)

kyushoku060208

今日の給食は、ご飯、牛乳、れんこんはんぺん、焼き肉風炒め、けんちん汁です。

豚肉には、疲労回復に役立つビタミンB1が豊富に含まれています。その量は牛肉の5~10倍にもなり、100g食べると1日に必要な量の3分の2以上の量をとることができます。今日の給食では豚肉を炒めものにしていますが、比較的手軽に手に入り、他の食材とも組み合わせやすいので、ぜひご家庭でもさまざまな料理を試してみてください。

2月7日(水曜日)

kyushoku060207

今日の給食は、ご飯、牛乳、春巻、マーボー豆腐、春雨の中華あえです。

マーボー豆腐の中には、人参や玉ねぎ、しょうがなどのたくさんの野菜が入っています。しょうが独特の辛味成分には、血流を改善し、体を深部から温める働きがあります。また、高い殺菌作用は、体の免疫力を高める効果も期待されています。まだまだ寒い時期が続きますので、しょうがを食べて体を温め、カゼなどの病気を予防しましょう。

2月6日(火曜日)

kyushoku060206

今日の給食は、ご飯、牛乳、鮭の塩こうじ焼き、生揚げのうま煮、野菜の香の物あえです。

塩こうじとは、米こうじに塩と水を加えて一週間ほど発酵させたものです。本来は甘酒のようにどろっとしていますが、なめらかなペースト状のものや液体タイプの商品もあります。唐揚げの下味として漬けこむ、きゅうりにもみこむ、スープに加えて調味するなど、食材や調理法にとらわれない幅広い用途で使われる万能な調味料です。

2月5日(月曜日)

0205

今日の給食は、麦ごはん、牛乳、米粉ハヤシライス、ツナサラダ、きなこ揚げパンです。

 「きなこ揚げパン」のきなこは、大豆を炒って、皮をむき、粉にしたものです。炒ってあるので、香ばしい香りがあります。揚げパンに、きなこに砂糖と少しの塩をまぜたものをまぶしてあるので、甘いきなこ揚げパンになっています。

2月2日(金曜日)

0202

今日の給食は、ご飯、牛乳、いわしの揚げ煮、かぶとひじきの和え物、具だくさんみそ汁、節分豆です。

明日は節分です。節分とは、「季節を分ける」という意味があります。暦の上では、今日までが冬、明日が季節の分かれ目、明後日が立春で、春ということになります。節分の日には豆まきをする習慣があります。今日の給食の節分豆をよく噛んで味わって食べましょう。

2月1日(木曜日)

0201

今日の給食は、ごはん、牛乳、けんちんしのだの甘みそかけ、肉じゃが、いよかんです。

いよかんの主な産地は、伊予の国と言われる愛媛県です。産地の名前をとって「いよかん」と名付けられたようです。1月から2月が旬の果物です。いよかんはみかんの仲間で、甘さが強いのが特徴です。ビタミンCも多く、病気の予防や皮膚を健康に保ってくれる働きもあり、食べると体に良いことがいっぱいです。味わって食べましょう。

1月31日(水曜日)

kyushoku060131

今日の給食は、ミルクロールパン、牛乳、ハンバーグのケチャップソースかけ、ポトフ、アロエポンチです。

アロエは、鋭いとげのある葉が特徴的で、古くから生薬として使用されてきました。日本では江戸時代に漢方薬として使われていた歴史があります。食用とするのは主に、とげを取り除いた葉肉部分です。皮を除いた半透明の葉肉部分は無味無臭のため、そのままヨーグルトに入れたり、刺身やサラダとしても食べられています。今日のアロエポンチに使われているアロエは、アロエの皮を除いた半透明の葉肉部分を四角に切ってシロップづけにしてあります。

1月30日(火曜日)

0130

今日の給食は、ごはん、牛乳、チキン南蛮カツ、きゅうりのゆかり和え、ざぶ汁です。

1月24日から1月30日までは学校給食週間です。学校給食週間では、各地の郷土料理や愛知県でとれた食材を使った献立が登場しています。今日の給食に登場している「チキン南蛮カツ」は、宮崎県の洋食店で、まかない料理として作られたのが始まりで、鶏から揚げに甘酢とタルタルソースをかけたものです。「ざぶ汁」は、具だくさんな和風の汁です。根菜類をざぶざぶと煮ることから、この名前がついたと言われています。

1月29日(月曜日)

kyushoku060129

今日の給食は、ご飯、牛乳、鮭の和風あんかけ、みそおでん、れんこんのきんぴらです。

1月24日から1月30日までは学校給食週間です。学校給食週間では、各地の郷土料理や愛知県でとれた食材を使った献立が登場しています。今日の給食で登場している「みそおでん」は愛知県の郷土料理です。給食のみそおでんは赤みそで食材を煮込んでいますが、一般的なみそおでんは、だし汁等で煮込んだ食材の上から赤みそで作ったタレをかけることが多いです。赤みそは豆みそとも呼ばれ、愛知県で古くから親しまれている調味料です。

1月26日(金曜日)

0126

今日の給食は、白玉うどん、牛乳、煮ぼうとう風、ゼリーフライのソースかけ、ほうれんそうのごま和えです。

今日は、埼玉県の郷土料理やとれる食べ物を紹介します。「煮ぼうとう風」は、埼玉県深谷市の郷土料理です。めんを汁に入れて食べます。「ゼリーフライ」は、おから、ねぎ、にんじんの入ったコロッケのようなものです。形が小判型をしているので、銭フライと呼ばれていたのが、ゼリーフライに変化したと言われています。

1月25日(木曜日)

0125

今日の給食は、ごはん、牛乳、さばの八丁みそ煮、ひきずり、ぽんかんです。

今日は、愛知県の郷土料理やとれる食べ物を紹介します。「さばの八丁みそ煮」の八丁みそは、愛知県岡崎市の伝統的な製法でつくられた豆みそです。「ひきずり」は、すきやきの肉を鶏肉にしたものです。愛知県は昔、鶏を育てる家が多かったことから生まれた郷土料理です。「ぽんかん」は知多半島でとれる、今が旬の柑橘類です。

1月24日(水曜日)

0124

今日の給食は、ごはん、牛乳、かつめし、コールスローサラダ、オニオンスープです。

1月24日から1月30日は、学校給食週間です。日本各地の郷土料理や、その地方でとれる食べ物を、給食に取り入れて紹介します。今日紹介するのは、兵庫県です。「かつめし」は、兵庫県加古川市の郷土料理です。デミグラスソースがかかったカツを、ご飯にのせて食べます。「オニオンスープ」に使用されるたまねぎは、兵庫県が生産量全国3位です。

1月23日(火曜日)

0123

今日の給食は、麦ごはん、牛乳、根菜米粉カレーライス、焼きウインナー、枝豆サラダです。

根菜とは、土の中で育つ野菜です。身体を温める食材で、寒い時期にピッタリです。今日のカレーには、しゃがいも、にんじん、れんこん、ごぼうの4種類の根菜が入っています。残さず美味しく食べましょう。

1月22日(月曜日)

0122

今日の給食は、ごはん、牛乳、あじフリッター、豚肉と大根の煮物、ひじきのごま酢和えです。

今日の煮物には大根が入っています。冬にとれる大根は、寒さから身を守るために、糖分が増して、みずみずしく甘みがあります。煮るとやわらかく、味がよくしみて美味しくなります。豚肉やちくわ、昆布などのうま味が大根によくしみていると思います。味わって美味しく食べましょう。

1月19日(金曜日)

0119

今日の給食は、ごはん、牛乳、にぎすフライの香味ソースかけ、ごぼうサラダ、けんちん汁、コーヒー牛乳の素です。

今日は「コーヒー牛乳の素」がついています。これは、愛知県名古屋市のある会社が今から56年前の昭和42年に開発したものです。作り方は、チューブの先をねじってちぎり、牛乳パックのストローの差し込み口から入れて、混ぜるだけです。中身を牛乳に混ぜると、甘くておいしいコーヒー牛乳が出来上がります。味わって美味しく飲みましょう。

1月18日(木曜日)

0118

今日の給食は、くろロールパン、牛乳、オムレツのテリヤキソースかけ、ほうれんそうのクリームシチュー、野菜のソテーです。

今日のパンは「黒ロールパン」です。白い砂糖ではなく、黒い「黒糖」という砂糖を使用しています。量を多く入れているので、色が黒く、少し甘いパンになっています。黒糖には、カルシウムや鉄などのミネラルが多く入っています。甘みの他に渋みや苦味など複雑な深い味になります。味わって美味しく食べましょう。

 

1月17日(水曜日)

0117

今日の給食は、ごはん、牛乳、愛知の野菜ぎょうざ、マーボー豆腐、バンバンジーサラダです。

今日のぎょうざには、愛知県でとれた野菜が2種類入っています。1つ目の野菜は、泥の中で育つレンコンです。2つ目の野菜は、根っこの部分を食べることができるニンジンです。どちらも細かく切って入れています。地元の野菜を味わって美味しく食べましょう。

1月16日(火曜日)

0116

今日の給食は、ごはん、牛乳、子持ちししゃもフライのレモンソースかけ、白菜のしそひじき和え、豚汁です。

今日のフライにかかっているレモンソースは、甘酸っぱくて、さっぱりとしたソースです。レモン果汁に入っているクエン酸やビタミンCが、酸っぱさのもとです。クエン酸は、筋肉の疲れを早くとって、体を回復させてくれる働きもあります。味わって美味しく食べましょう。

1月15日(月曜日)

0115

今日の給食は、麦ごはん、牛乳、ビビンバ(肉・卵)、ビビンバ(野菜)、春雨スープ、ヨーグルトです。

今日の主食は、麦ごはんです。白米に大麦を混ぜて炊いています。大麦は、エネルギーのもとになる炭水化物のほかに、食物繊維やビタミンB1も多く、栄養たっぷりです。大麦は、かたくて煮えにくいので、押しつぶして平たくし、さらに半分に割って、お米に近い大きさにしたものを混ぜて、麦ご飯にしています。ぷちぷちした食感の麦ご飯とビビンバを一緒に美味しく食べましょう。

1月12日(金曜日)

0112

今日の給食は、ソフトめん、牛乳、米粉ミートソースかけ、モロナゲット、海そうサラダです。

モロナゲットの「モロ」とは、モウカザメと呼ばれているサメの仲間のことです。昔から日本各地で食べられています。「フウカ」や「フカ」と呼ばれることが多いですが、栃木県では「モロ」と呼ぶそうです。淡泊な味わいの魚です。味わって美味しく食べましょう。

1月11日(木曜日)

0111

今日の給食は、ごはん、牛乳、和風コロッケ、野菜のかつお粉和え、卯の花呉汁です。

1月11日のリボーングルメは、おから入りの「卯の花呉汁」です。この時期にぴったりの食べ応えのある汁ものです。大豆をすりつぶしたものを「呉」と言います。卯の花呉汁には、「呉」の他にも、豆乳、豆腐、そして、おからなど、大豆製品がたくさん入っています。食物繊維たっぷりの栄養満点な汁です。美味しく食べましょう。

1月10日(水曜日)

0110

今日の給食は、ごはん、牛乳、さばの塩焼き、雑煮、ごぼうと糸昆布の炒め物です。

毎年1月11日は鏡開きが行われる日となっています。鏡開きとは、1年の良運を願いおもちを割る行事です。おもちを刃物で切ることは縁起が悪いとされ、木づちで細かく割っておしるこや、揚げもちなどにして食べられます。今日の給食は、おもちの入っている雑煮です。1年の良運を願って、美味しく食べましょう。

この記事に関するお問い合わせ先

学校教育課 学校給食係(東浦町学校給食センター)
〒470-2102 愛知県知多郡東浦町大字緒川字三ツ池一区7番地
電話番号:0562-83-5314
ファックス:0562-83-5317

学校教育課 学校給食係へメールを送信