地球温暖化対策

更新日:2020年11月04日

今日を取り巻く環境問題は、企業活動から排出される公害から、日常のライフスタイルや通常の事業活動に起因する環境問題へと大きく変化しており、その影響が温暖化などの地球的規模に広がりをみせています。

地球の温暖化、オゾン層の破壊、酸性雨、砂漠化といった環境問題は、私たち人類にとって、その生存基盤を脅かす大きな問題となってきています。なかでも、地球温暖化は、気候の変化に伴い生態系や人類に悪影響を及ぼし、現代に暮らす私たちが、よりよい環境を次世代の子どもたちに引き継ぐため、直ちに取り組んでいかなければならない課題です。

地球温暖化の主な原因は、エネルギーや資源の消費等に伴い排出される二酸化炭素の増大によるものです。

このような状況から、町では地球温暖化などの環境問題に適切に対処するため、地球を守る地域の行動として、家庭や職場において、住民が自ら、無理なく地球温暖化対策に取り組んでいただけるよう、日常のちょっとした心がけをわかりやすく、具体的な手法・事例等を示した「住民編」と、各種の事業を経営するうえで、低環境負荷型・循環型への移行を支援し、環境にも、経営にもやさしい行動を日々の仕事の中に取り組みやすくした「事業者編」の手引書を作成しました。

また、環境への負荷の少ない循環型社会をめざし、CO2削減や省エネ、経済的で環境にやさしい家庭用エネルギー管理システム・定置用リチウムイオン蓄電システム・家庭用燃料電池システムの設置費用の一部を補助します。

太陽光発電システムの補助金は、平成25年度をもって終了しました。

住宅用地球温暖化対策機器(家庭用エネルギー管理システム・定置用リチウムイオン蓄電システム・家庭用燃料電池システム)設置費補助金

次世代自動車(燃料電池自動車・電気自動車・プラグインハイブリッド自動車)購入費補助金

家庭でできる地球温暖化対策事例

壁面やベランダへつる植物を植栽する

屋上緑化や壁面緑化には断熱効果があります。つる植物を利用した緑のカーテンにより、夏場のエアコン使用を30%程度削減することができます。

緑化に適したつる植物には、花が楽しめるアサガオやヤマホロシ、実が楽しめるニガウリ、ヒョウタン、フウセンカズラやヘチマがあります。特にニガウリ(ゴーヤー)は、抗酸化作用のあるビタミンCや高血圧を予防するカリウムを豊富に含みます。夏を涼しく過ごす食事としてはカロリー摂取を控えめにする(カロリーが高い食材は、体を温めるものが多い)ことが大切ですが、ニガウリはカロリーがきわめて低いため夏バテ防止にも最適な食材です。

(写真)写真1
(写真)写真2

石浜児童館で実施している緑のカーテン

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

環境課 環境保全係
〒470-2192 愛知県知多郡東浦町大字緒川字政所20番地
電話番号:0562-83-3111
ファックス:0562-83-9756

環境課 環境保全係へメールを送信